スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ふりかえり

    初めまして。初めてブログ書かせていただきます。

    同志社大学法学部政治学科3回、橋本陽平といいます。(株)プロシーズで4ヶ月インターン
    やってます♪ 今回は、フェアも迫っているということで、その前に今の自分を振り返ってみようかなと・・・


    最近は就活も始まって、インターンと学校との掛け持ちの日々です。学校の時間削ってばっかですが
    始めは、就活とインターン両方って結構キツイか~と思ってたんですが(実際スケジュール的にはややキツイですが)、なんのなんのこの時期だからこそ、インターンで得られるものの大きさを実感できます。



    今日はある企業のセミナーに行ってきました。そこでのお話が、普段プロシーズで聞いているようなことと同じことだったので、びっくりしました








    つらつらと書いてみます。







    まず、「やりたいことをやる」のではなく、「できることをやる」


    やりたいことを仕事でできるっていいことやんって思いますよね 実際企業の面接でも、「自分の強みを活かしてこれをやりたい」と言えないといけないし、それは自分のことを知った上で言えることだし、大切ではあると思うのです。


    でも、一つ忘れてはいけないのが、自分のやりたいことと、お客様の求めているものとは必ずしも一致していないということ。このことに気付かず、独りよがりの考え方になってしまうと、いくら能力があり、やる気に満ちていても、仕事では成功しないということです。だと思います。これはプロシーズでも常々耳にします。


    仕事において「お客様のために」、人生において「誰々のために」と考えられない人、それはつまり、「感謝のできない人」だと思います。そんな人はたぶん、よい事があれば、自分の力によるものだと考え、悪いことがあれば、自分にベクトルを向けようとはしないでしょう。



    人事の方曰く、「物が売れるのは営業の人間のおかげではない。開発する人がいて、品質の管理をする人がいて、販促・宣伝をする人がいて・・・すべての人々の努力の成果が現れる一番近いところに営業の仕事があるだけだ」ということです。すごく共感できました。一人だけでできる仕事なんて何にもないんですよね。


    これは人生で考えても同じこと。自分は一人の力で生きているのでは決してない、多くの人々の支えによって「生かされて」いるということかと思います。何か仏教みたいな話になってきました・・・笑









    もちろん、インターンを通して、上に書いたことを理解し、しっかりと実行できるようになったと自慢することなど、とてもできません。ここにきて、ようやくそうしたことに気付かされてきたという感じです。


    そのきっかけは何だったのか・・・それは多分、前より少し今の自分に向き合うようになったことだと思います。そこで見えてくるのはたいてい、未熟な方の自分です。

    以前、プロシーズの社員の方から、「お前は自分にも他人に対してもウソつきや」と一喝されました。無意識のうちに自分を飾ろうとしてしまう、「いい自分」を見せてしまう癖がついていたのかと、はっとなりました。


    誰だって自分の弱みやコンプレックスは認めたくないもの。記憶からなくしてしまいたい思い出なんかもあるかもしれません。僕にはあります。でも、そのときの経験は、良くも悪くも今の自分を形成する中で重要な要素となっていると思います。ということは、今の自分を知るにはそのいや~な経験に嫌でも向き合うしかない。だってそうしないと、今の自分を認めることも、許してあげることもできません。



    「今のままじゃいけない!」と、今の自分を否定してしまう前に、自分のこと本当に分かってる?って問いかけてみること。分かってるふり、気付いてるふりをするのは禁止 「成長の第一歩は理解から」ということかな。何かどっかからの受け売りの言葉みたいですが、一応自分で考えてみました。






    そんなことに気付けたのも、インターンを始めたおかげ。あの時学校の門でチラシもらっといて良かったなあ・・・と、つくづく思いました



    スポンサーサイト

    後悔は何も行動に起こさないからする

    『後悔は何も行動に起こさないからする』


    こんなことしたい!行ってみたい!



    でも○○があるからな~。とか
    当日になって「メンドクサイ」とか


    んで結局行かなくて・・・

    でいざ、その物事が終わって後悔した経験ってないですか?

    やっぱやっといたらよかったって




    後悔ってのは、『後になって悔やむ』と書くが、2つに分けることが出来るねん

    1,何か行動して失敗して後悔する
    2,何も行動しないで後悔する


    たしかに、人間誰でも後悔ってしたことあると思う。

    恋愛とか特に(笑"




    何か踏み出してやってみて、失敗するとしよう。

    でもそれは次その物事をする時、同じ失敗はせえへんよう努力することが出来るよな

    つまり、失敗したら次に活かせる"教訓"になるんや

    しかも行ったことで何なりかの知識も得ている



    けど何も行動に起こさんと何も学べない。ただの後悔で終わってしまうんや



    そうやって考えたら今までの失敗ってちゃんとお前の中で、辛ければ辛かったほど刻まれてるやろ?


    それはつまり失敗しておまえが成長したんや



    そうやって考えてみたら後悔じゃあなくなるやろ




    すべての物事が今のお前を作ってるんや



    だからいろいろ手出してみ




    おまえの教訓は次の今回よりもっと輝いているもののために失敗した思えばええ

    だから後悔したり、悩む必要はないんやで



    『"チャンス"は前髪だけあって、後ろ髪は剥げている』

    出会った時に手を伸ばして捕まえなければ後から摑むことはできない



    姜大成(mixiの日記より3)

    ゴミをまたぐな

    株式会社プロシーズでインターンを始めてから、はや8ヶ月。
    毎日が人生の勉強で、わくわくに溢れてた
    これまで味わったことのないような、環境を何度も体験した


    学校ではいっつもおもんない言うてた自分がこんな夢中になるくらい


    いろんな困難を乗り越えてきた人達の言葉は重く響き渡る。
    人生の先輩たちが何年もかけて培ってきたノウハウを教えてもらう。



    贅沢の極みやな


    インターン言うたら、みんなお金もらえへんやつやろ言うけど、ちゃうねんって。




    何よりも教えていただいたのは   "心"



    お金は無いけど何者にも変えられない財産ができるねん



    これからの人生に絶対必要や思うことばっかやった。



    そこでちょっと感傷的に、感動した言葉とか共感した言葉を日記でちょっとずつ書いていきたいと思います。



    『ゴミをまたぐな』


    インターンって言葉を知って、インターンシップフェアに行って、いざ働く企業を選ぶとき、インターン先を決めた言葉。


    行く道行く道、ゴミを拾えというわけではないよ(笑"



    「ゴミに気づかないと何も変わらない。気づいても、拾わないとやっぱり何も変わらない。」




    これは人間関係でも当てはまるねん


    悩んでる奴がいても、気付けへんような人間になったらあかん。気付いても手さしのばさへんかったら、同じや。


    気付いてさらに変える力をもたなあかんにゃ。


    おまえは手差し伸ばせる人間になれ。





    あなたは、気付いていますか?
    そして手を差し伸べてあげていますか?


    姜大成(mixi日記より)

    スポーツの日★

    ・・・ができました
    私のインターン先、株式会社プロシーズはパソコン業務が多く
    どうしても運動不足になってしまぃます
    そーこーで・・・
    社長さんの発案によって週1回みんなでスポーツをしよぅ
    とスポーツの日ができました
    スポーツ大好きな私は密かに・・・めーちゃ楽しみにしてました
    そして、記念すべき第1回目が今日あったんですが・・・
    かなり楽しかったです
    社員さんやアルバイトの方、インターン生の普段とはまた違った一面が垣間見れた気がします


    前々から感じていたんですが・・・
    プロシーズには
    食事につれていってくださって考え方やこれまでの経験について話して下さる社長さんがいて
    なかなか一緒にお仕事をすることはないですが、
    電話を取り次ぐ際にはいつも一声かけてくださいます。

    仕事の面でも、いろんなものの考え方についても、本当に私のことを思って
    気づいたことを言ってくださる社員さんがいて

    同じ立場でちょっとしたことでも相談しあえる、励ましあえるインターン仲間がいて

    今自分がその一員として学ばせてもらっていることに感謝だなぁ~って最近つくづく思います。
    プロシーズ好きです
    また、JAEのコーディネーターの方や研修の仲間、サークルの仲間、家族、友達、彼氏・・・
    多くの人に支えられて今私はインターンができているんだなってことも
    最近になって気づけるようになりました

    インターンをはじめて、仕事へ取り組む姿勢、自己管理について、など多くのことを学んできたけれど
    一番の変化は・・・・
    「ありがとうございます」と言うことが、各段に多くなったことだと思います。

    あと残り2か月となってしまいましたが・・・・モリモリ頑張りまーす


    6月のフェァ、少しでも興味を持ったみなさん
    インターンをやるかどうかは別として、ぜひ参加してくださぃ
    私たち大学生が知らない世界、いっぱいありますよ

    見守ってくれる人

    こんにちはー!

    豊村倫代です

    フェアスタッフブログは2順目になりましたー!
    2順目のテーマは、「インターン先の社長さん」です

    私のインターン先の社長さんは、本当にインターン生の成長やインターン生の頑張りを見守っていてくださる存在だったんじゃないかと思います。


    私は、一緒にお仕事させていただくことはないんですが、
    よく飲みに連れていっていただいたり、色々気遣って声をかけていただいたりとかなりお世話になっています。

    プロシーズの社長さんは、毎週大阪オフィスと東京オフィスを行き来されているんですけど、
    私が書いてるブログを読んでくださっていて(多分)、ブログでしか書いていないようなことを知ってくださっていて、そのことに対して「最近どないやー?」って声かけてくださったりします

    インターン2、3ヶ月目くらいのことです。
    プロシーズで教えていただいている、「いつも笑顔で」とか、「マイナスのことは考えない」が徐々にできるようになってきたり、日々自分の成長を実感しだしていました。
    それを社長さんに話したり、ブログで書いたりしてたんですね。
    そんなときに、社長さんからは「生き急ぐな!」、「そんな急には成長できへんねんぞ!」、「今のお前見てたら無理してるように感じる」・・・てなことをよく言われました。
    1ヶ月半くらいにわたり、ちょこちょこ言われてましたね 笑


    そんな経緯があって、半年間のインターンが終わったときに成果報告で、「自分が何もできないことを感じた。周りのいいところを認められるようになった」ということを話した感想に、
    「一つ成長したってことやな」という風に言ってもらえたのはすごく嬉しかったですね。

    インターン先の社長さんは、インターン生の成長を見守ってくださってるんだなっていうのをすごく感じました。

    私のインターン先以外にも、JAEのインターン生受入企業の社長さんとお会いしたことがありますが、
    このことはどの方にも当てはまるんじゃないかと思います。

    本気の社長さんに出会いに、是非インターンフェアに来てください♪
    アントレターンWebサイトへ
    QRコード
    日々更新していますので携帯でチェックしてください☆下のQRコードからアクセスできます!
    QR
    最近の記事
    最近のコメント
    リンク
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    プロフィール

    JAE大学生事業部&挑戦するアントレターン生たち

    Author:JAE大学生事業部&挑戦するアントレターン生たち
    アントレターンについて

    名言・格言集
    人生が輝き出す名言集


    presented by 地球の名言
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。