スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    水も滴る?インターン生!

    こんにちは!
    NPO法人JAEの木村です!

    私が気になる人は彼!!

    10038919777_s.jpg


    アクト合同会計事務所でインターンしている小田くんです!



    彼と話をしていると、だんだん額に水滴が湧き出てきます。。



    そう、彼はあせっかき・・
    今日もいつもどおり水滴が・・・
    ん・・・まてよ、今は何月だ・・・
    冬でも変わらぬ大量放出・・・


    なんと大盤振る舞いなんでしょう・・・



    さすがです・・・


    彼は企業財務などに興味があって、コンサルを目指し、
    税理士事務所で修行をしています。


    勉強熱心で自主的に研究室にも入り浸って、
    がんばっているので、最近は研究発表などに追われているようです。


    インターン先では叱咤激励をもらいつつ、
    気持ちを入れ直して頑張らねば!
    と、自分の本質的な課題に向き合いつつ、
    圧倒的な成長を目指して、頑張っています!



    彼も実はこのブログの愛読者らしいですが、、
    皆さんも応援してやってください!



    そんな彼に会いたい方は(?)・・・

    こちらへ
    ↓↓↓
    http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm


    スポンサーサイト

    全てが彼、中心になる。

    こんにちは!
    NPO法人JAE松浦です。


    気になるあの人!というテーマで、すぐにピンときた人がいました。


    それは、タイトル通り、「全てが彼、中心になる」人です。
    松浦家では彼に夢中です。


    それが、この人!
    10038826013_s.jpg

    りょうへいくんです。

    上の写真は生後2ヶ月頃の写真。

    今は岩手県にいるのですが、関西の私の実家に帰ってきたときは、
    松浦ファミリーの注目の的です!


    まだまだ泣くことと、寝ること。
    そして何をしても憎めない笑顔をすることばかりのりょうへいくんですが、


    彼を見ていると、
    人間は皆、支えられて今があるんだなぁと、強く思わされます

    10038826026_s.jpg


    ちなみにこの写真は生後5ヶ月のりょうへいくんです!


    2日連続赤ちゃんネタでした。。

    11月28日18時の風景@JAE事務所

    こんにちは!
    NPO法人JAE松浦です。


    ブログを書こうとしていたら、事務所内で色んな人を発見しました。
    その中でも気になる人たちを紹介していきます!


    1人目はコチラ!
    10038715671_s.jpg


    JAEのチャールズくん。

    なぜチャールズかというと、スーツの下に来ている赤いセーターが
    イギリス人大学生っぽいから。


    そんなチャールズくんは、実は一橋大学生。
    1年休学して、JAEでインターンをしています。



    2人目はコチラ!
    10038715688_s.jpg


    誰!?

    10038715745_s.jpg


    すぐ隠れちゃう彼女は、インターンOGの大中さん。
    シャイな彼女ですが、案外毒舌です。

    でも愛のある毒舌なので、大丈夫です。


    そして最後はこの人!

    10038715729_s.jpg


    え!?



    そう、未来のホープ、たいせいくん。。

    元JAEスタッフの1歳になるお子さんです。
    最近、言葉を覚え始めたみたいで、今日は「でんしゃぽっぽ」を連発です。


    子どもって、やっぱり気になってしまいますよね!?

    笑顔のヒロイン

    こんにちは!


    豊村倫代です顔4


    私がインターンを始めて間もない頃、社長さん言っていただいた言葉があります。

    マイナスのことは思うだけでも駄目。プラスのことは思ってるだけでは駄目、口に出さなあかん。


    「慣れるまではしんどいけど、まぁやってみぃー!」、「んじゃまぁ、やってみよー」てな感じで、意識してやってること一つですきらハート


    実際にできてるかって言われたら、半分くらいでしょうか?


    マイナスのことに関して・・・・
    最近ようやく今まで“マイナスのこと”って思ってなかったことを「これってマイナスのことやんけーびっくり」って
    気づいてきました!


    例えば、できるのに難しいーって言うとか、さして疲れてないのにしんどいを連呼するとか。

    これ言ったら自分の心もどんより、周りの人の心もどんよりだなて思う。

    難しいことで事実できないことなら、じゃあ、できるようになるためには何したらいい?を考えたらマイナスじゃなくなるキラキラ

    こう考えた方が楽しい音符


    実際にお仕事の場面で、なかなかうまく行かずにもどかしさを感じつつも、粘って、どうしたらうまく行くかを考えたら、次に同じお仕事をするときに、効率が3~4倍アップしたってことがありました!


    プラスのことに関して・・・・
    最初に比べたら、「ありがとうございます!」「嬉しいです!」っていう回数が確実に増えたなぁって思いますエルモ
    あとは、今までマイナスって思ってたことをプラスって思うようになってきました。
    例えば、人から何か指摘されたときにも、ありがとうございます!って言えるようになってきた!


    いつも笑顔でいたら、相手も笑顔で返してくれる筈!

    と信じて、今日もニコニコ、明日もニコニコあんぱんまん



    あなたは悲劇の人になりますか?笑顔の人になりますか?



    今日も一日ハッピー☆

    JAEの朝礼では、毎日ハッピー体操という体操をします。



    ペアで向かい合い、最高の笑顔で「ハッピー!!」



    朝いちから、とびっきりの笑顔♪

    素敵な一日が始まりそうですね!!



    みなさんも、大切な人に

    おはようのかわりに



    「はっぴー♪♪」

    「おっぱっぴ~♪」

    ※JAEいちの、ハッピー(おっぱっぴ~)体操の達人 木村さん

    10038588283_s.jpg

    JAEの愉快な仲間たち

    こんにちは。
    今週のテーマは「気になるあの人!」です。

    私が気になるあの人は…
    優しい笑顔、
    大串さんです。

    大串さんは、事業部は違うのですが、
    私はJAE事務所に行くと、真っ先に大串さんがいないか探します。

    あの優しい笑顔、
    世界遺産級ですね!

    “カイゼン”

    こんにちは!


    豊村倫代ですトランプ

    今日は、カイゼンについて書きます。


    カイゼン・・・何のことだかわかりますか?


    敢えて片仮名で書きますが、そう、『改善』のことです。


    これは、私がプロシーズにお世話になるようになってから、一番気に入っている言葉です。


    みなさんは“改革”という言葉にはどんな印象を受けますか?

    難しい・・・

    大きい・・・


    私自身が改革という言葉に抱いていた印象です。

    そんな頃に、アイセックの先輩に薦められて読んだのが『サクラ、サク』という本。


    小さなカイゼンが大きな変化をもたらす。

    改革ってすごく難しいことのようだけど、

    実は小さなカイゼンの積み重ねなんだ。


    以前にも書きましたが、プロシーズでは夜のミーティングで改善のコーナーっていうのがあるんですね。

    日々の業務やオフィス生活で感じた改善ポイントについて話し合うコーナーです。

    さらに、毎日改善を意識付けることで、問題意識を高める効果も期待されています。


    私はというと、たまにしかカイゼンポイントを見つけることができないのですが、このコーナーはすごく好きなのです。問題を感じたら、誰でも変えていくことができるから。沢山の人の小さなカイゼンが大きな改革に結びつく。


    前回書いた一日の小さな振り返り、カイゼンも、ちょっとずつではあるけど、それでも自分に確かな変化をもたらしている。



    さて、話変わってJAEのインターンシップフェアが2週間後に迫ってきています!

    10社もの会社の社長さんや社員さんフツーのハァト西日本の意識の高い学生さんpnishJAE&フェアのスタッフさんキラハート同期インターン生キラキラと実にまぁ沢山の方々にお会いできるのが楽しみでなりませんね赤のハート

    12月8日、9日。私がインターンを始めてちょうど3ヶ月です。

    後半戦に向けて士気を高めてきますスキップ


    みなさんも大学生活に刺激を取り込みに行きませんか?アンパンマン

    長居競技場でお会いしましょうドキドキ

    11月30日がお申し込みの締め切りですよー!急いでー!ワクワク

    ★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆★


    社長に出会い、自分を変える2日間

    ◆◆一泊二日西日本チャレンジインターンシップフェア◆◆

    http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm


    ☆★──────────────────────★☆

    経済産業省後援・NPO法人JAE主催

    ★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★





    こだわりの・・・「カブ」(2)

    「カブ」のお話の続きですが・・・


    さて、仕事でも普段でも自分の大事にしているスタンスは、相手から「引き出すこと」です。
    それは技法でいえば「コーチング」と呼ばれることですが、自分の考えを一方的に押し付けるのではなく、答えは相手の中にあると信じて自分で考えて気づくことを後押しするというスタンスです。教えること(ティーチング)も必要ですが、自分で気づく方が効果も大きいし、こちらが答えを持っていないことでもその人の役に立てることができるんですね。そういう意味で、学生に対しても企業の方に対しても、普段は引き出すことを大事にしています。

    そして「引き出す」というのは答えだけではなく、その人が本来持っている良さであったり、ダイヤの原石みたいな部分を輝いた時、すごく嬉しいんです。
    一見するとやる気のなさそうな学生や子どもが、アントレターンやワクワクに参加することによって、水を得た魚のようにイキイキと活躍しだしたり。例えばパソコンは苦手だけどしゃべるのが得意なインターン生が、店頭販売で売上を2倍にあげてたりとか。。
    その人の良さはどこなのか、どうしたらその人が活きるのか、、それが人材育成に携わる面白さだと思います。私もまだまだですが、そういう視点で人を見る教育者や会社が日本にもっと増やしたいですね。


    最初はダサいというイメージばかりが強かったカブでも、良い部分に気づいていくうちに、誇りに思えるようになったように。。

    もっと良い部分に目を向けられる人を目指していきます。


    ですが・・・



    先日、「カブ」を盗まれました・・・


    今ではチャリ通勤のキム兄でした。。それはそれで健康的です。

    こだわりの・・・「カブ」


    こんにちは、JAE大学生事業部のきむ兄こと木村です。

    私のこだわりは・・・


    「スーパーカブ」

    です。そう、あの出前や新聞配達でおなじみのザ・業務用バイクです。
    通勤はもちろん、大阪市内であれば大体コイツで身軽に動き回っています。

    最初はそのダサさが嫌で、経済性を優先して仕方なく乗り始めたのですが、、今では誇るべき愛車となっています。

    なぜ私がそこまで惚れ込んでいるのか・・

    それは自分の大事にしているポリシーにも通じるところがあります。。

    ホンダのカブは「世界に誇る日本の最高傑作」です。
    昨年、世界累計生産台数が発売から47年で5000万台を突破したそうです。ホンダによると、バイクや自動車の1車種として5000万台の大台を超えたのは世界初だそうです。

    その人気の理由はやはり経済性ですね。
    私は通勤も大阪での営業も全てカブで移動していますが、ガソリン代は月1000円程度です。給油1回500円程度で月2回くらいしか入れなくていいんです。普通の乗用車10分の1程度っていうのがすごいですよね!
    しかも10万キロ乗れると言われるほど、壊れない!
    そんな「エコロジー」と「エコノミー」を両立する、「持続可能な」「ロハス」っぽさが自分のポリシーと合うんです。

    ※ちなみに「マイ箸」を持ち歩いていることも、自分のこだわりですね。

    そんな経済性が、アジアの人々を助けているんですね。
    >ホンダ創業者の故本田宗一郎氏が「そば屋の出前が片手でできるように」と、乗り降りのしやすさや使い勝手の良さを追求して開発。
    >バランスを良くするため部品メーカーを説き伏せ、大きめのタイヤを採用したほか、変速機の操作を簡素化するなど苦労を重ねて1958年に誕生した
    >
    >
    >
    というカブが、世界中の人々を救うベストセラーになっている。やっぱり本田さんは偉大ですね。。彼もその時代における「社会起業家」と言えるでしょう。

    そんなカブに乗り始めて1年半、銀行マン時代よりも銀行マンぽいと言われつつ、人によっては「かわいい」と言ってくれる人なんかもいて、自分でも最近では誇りに思っています。

    「世界陸上の舞台で何かが起こる!?」




    詳しくは
    ↓↓↓
    http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm

    実験~左右する人される人~

    実験中間報告書

    作成者:豊村倫代(神戸大学国際文化学部2回生、プロシーズで9月8日から半年間のインターンシップに挑戦中)


    【実験背景】JAEでは『7つの習慣』という本を基にして、一ヶ月に一回中間研修が行われています。そこで以前あったのが、JST(JAE selfefficacy trainingの略)という、一日10分間誰かの役に立つこと一ヶ月続けて、主体的な自分になるためのトレーニング。このトレーニングをやりきる為にしていたのが、5人くらいのチームを作り、毎日MLにその日のトレーニングでの気付きや感想を送るということ。このトレーニングが終了した時点で、じゃあここで学んだこと(MLでの報告、同期インターンとの連帯感によるモチベ維持等)をインターンにどう活かすかというテーマに関して、考えたのがこの実験なのです。

    ――――――――――――――――――――――――

    【実験対象】自分エルモ

    【目的】インターンシップの目的達成キラキラ(将来の職業選択の軸判断。チャレンジングな環境で自分を成長させる。

    【実施期間】10月15日から(継続中)筋肉

    【実施日】インターンのある日(月・水・木、時々土)パソコン

    【場所】帰りの電車電車

    【実験手順】?携帯を用意。?その日一日の業務内容、出来事を振り返る。?駄目だったところを反省。?じゃあ、次はどうすればいいのか、カイゼン策を考える。?書いた文章を、JAEの同期インターン生&スタッフさんが入っているMLに投げる。

    (例は明日にでもアップしようかな。)

    【報告というか感想】この実験をしてみて、自分の変化を強く感じています。

    1、一日一日何かしらの気付きがあり、自分で自分のモチベーションを上げることができるようになった。今までの私は、ちょっとしたことで一喜一憂していたのです。

    2、自分の非を認められるようになった。今までだったら、痛みに耐えることができず、目をそらしてた部分。私は特に、プライドや見栄で、素直になれないって弱さを持っていたから。それに、何事も、人に非を求めるのではなく、自分の行動から正そうということもできるようになってきたかな。(7つの習慣。社長さんの『自分に刃を向けろ』という言葉。)恐らく、人はこのステップをクリアしないと、大きな成長は望めないのではないかと思う。

    3、駄目な部分に関して、アクションを起こせるようになってきた。想ってるだけでは、何も変わらない。動いてこそ価値がある

    4、電車の中だけじゃなくて、お仕事中でも、『今あかんだなぁー、じゃあこうしてみようかな!』って考えられるようになってきた!(でもまだまだ。)

    5、自分を完璧だと思わなくなった。一日を振り返ったら、絶対に自分の駄目な部分て見つかる。この前元JAEのスタッフさんが『100点て思うほど、受動的な人だ』とおっしゃってました。


    こんな感じで、今後も継続してやっていきたいと思いますハート


    このブログはJAEやプロシーズのスタッフさんが見てくださってるんですけど、『よかったですよー!』、『面白いですねー!』、『色んな人に見てもらいたいですね!』といったすごく嬉しいコメントをいただいています。ありがとうございます!


    最後に・・・

    あなたも一緒にインターンで成長しませんか?

    12月8、9日のインターンフェアでお会いしましょうハー

    動かないと何も変わらない・・・

    ★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆★


    社長に出会い、自分を変える2日間

    ◆◆一泊二日西日本チャレンジインターンシップフェア◆◆

    http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm


    ☆★──────────────────────★☆

    旅のこだわり「世界で遊びたい」(2)


    こんにちは!
    NPO法人JAE松浦です。

    昨日のインド旅行初日に引き続き、
    今日お腹が痛くなったことを機に思い出したことがあったので、
    書いていきます。


    あまり美しい話ではありませんので、その点ご了承くださいませ。


    根っから自分はお腹が弱い人間です。
    小学生のとき、よくトイレに駆け込んでいました。
    あの時は平和でした。

    中学生のとき、トイレに駆け込んでいじめられるのが怖いので、
    毎日、「トイレに行きたくなりませんように」と
    家を出て近くにあったお地蔵さんに手を合わせていました。
    そのおかげか、中学生時代はあまりトイレに行かずにすみました。

    高校生のとき、
    唯一先生に対して本気でパンチしたいと思ったことがありました。

    それは授業中、どうしてもお腹が痛くなり、
    先生に「トイレに行っていいですか?」

    と聞いたところ、
    「今日は短縮授業なんだから我慢しなさい!」
    といわれたことでした。
    残りの30分間、冷や汗をかきながらずっと苦悶していました。

    チャイムと同時に、
    いやチャイムよりも早くに走り抜けました。

    社会人になった今でも、腹痛で迷惑をかけることがあります。
    お話をさせて頂いているときに、「ちょっとトイレに行ってきていいですか?」
    とたまにお願いする自分がいます。
    (ご迷惑をおかけして、すみません。。)
    そんな私が、心のそこから信頼しているものがあります。

    それはもちろん「正露丸」です。

    あれほどありがたい薬はないと今でも思っているのですが、
    その信頼を覆された経験が、インドでありました。

    インドは日本よりかなり衛生的ではなく、
    食器やコップ、また食べ物までもが「大丈夫か」と疑わしくなるものが、
    街中に溢れかえっております。

    もちろんお腹が弱い自分は、極力避けるようにし、
    常に飲み水、食べ物、食器、またシャワーをする水に対しても細心の注意を
    払っていました。
    ・・・・・・
    しかし、そのときはやってきました。
    お腹が冷えてくる感じ・・・・

    最初にやってきたのは、夜行バスの中でした。
    私が乗ったバスにはあいにくトイレがありませんでした。
    その車中で聞こえてくるインドミュージック。。
    焦燥感を加速させます。

    そんなときのために、たっぷり持ってきた正露丸。。
    耳栓をして、そして目を瞑り、心から正露丸と向き合います。
    そして全身に溶け込ませるように、正露丸を飲み込みます。
    飲み込んだ後も、正露丸が身体に溶け込んでいくイメージを膨らませます。。
    「これで大丈夫・・・・」

    しかしインドはそんなにやさしくありませんでした。
    いくら時間が経っても、痛みが止まりません。
    バスが停車する都度、トイレに行く始末。。

    何が怖かったかというと、腹痛がおさまらないことと同時に、
    トイレに行っている間にバスが走り去ってしまうのではないかと。
    停車する場所は本当に何もない場所で、ただ一店あるような所ばかり。

    「何分後に発車します!」というアナウンスは一切ありませんでした。

    そこは何とか切り抜けたのですが、
    次の日になっても腹痛はおさまりません。

    街中にちゃんとした公衆トイレがあるわけではないので、
    トイレが確保できる場所を見つけたら、ごく限られた範囲で生活をする一日が
    始まりました。

    「とりあえず今日だけ我慢すれば・・・・」

    「今日こそは正露丸の効き目が出てくるだろう・・・・」
    残念ながらその願いは届きませんでした。
    次の日も、昨日と同じ一日が始まりました。

    また正露丸に対しての強固な信頼も、崩れ去っていきました。。

    そしてたまたま合った日本人にこのようなことを教えてもらいました。

    「インドでの腹痛は正露丸では治らない」と。

    「インドで薬を買わないといけないよ」

    私は「なるほど~」と思い、

    いかにも怪しそうなインドの薬局に行きました。

    そして英語の単語を並べ、なんとかインドの腹痛に効く薬を注文することができました。
    「ちょっと待って」と店員。
    店の棚をあさりはじめます。

    そして錠剤を見つけ、私に差し出します。

    思わず私は口を開けてしまいました・・・・

    その錠剤は、
    思った以上に、大きかったです。
    また
    思った以上に、黄色かったです。

    私は直感で判断しました。

    「この錠剤を飲んだら腹痛は治るかもしれないけれど、

    他の何かに確実に害がある」と。

    そしてその後2日間、腹痛と闘いました。
    3日目、今日で治らないなら思い切って飲もうと。
    ありがたいことに、その日で腹痛は治まりました。

    そして怪しい錠剤を服用することなく、日本に持って帰ることになりました。

    そんな経験が、日本で苦しい機会に出会ったときに、
    「あのときに比べれば!!」
    と言い聞かせられる大きな励みになっています。

    皆さんも旅では、辛い経験されたことはありませんか?

    旅のこだわり「世界で遊びたい」


    こんにちは!
    NPO法人JAE松浦です。


    まじめモードで書くのか、自由奔放に書くのか、
    悩むポイントではありましたが、JAEのインターン生から
    「松浦さんはお笑いキャラで(笑」


    というあまりうれしくない要望をもらったので、柔らかい感じで書いていきます!
    堅いのりは木村に任せますね!


    私のこだわり。


    それは旅です。


    ただ普通の旅ではなく、あくまでもスリリングな旅を求めてしまいがちです。
    危険そうだなぁと思うことに、つい足を踏み入れがちです。


    どんな感じなのか、わかってもらうために、
    インド旅行一日目を書きますね!



    -----------------------------------------------

    スマトラ沖地震が起きた時期、私はインドに行っておりました。
    だいたい2週間ちょっとの期間だったんですが、とても刺激的な経験をしました。

    ここに書く内容は、インド初日の夜のことです。

    2004年12月21日、インドに着いたのは夜でした。

    バンコクからのインディアンエアラインが8時間遅れてしまい、夜の10時にカルカッタに到着しました。
    空港を出ると、そこは別世界でした。

    たとえるなら、北斗の拳の世界。
    空港から市外までの道が荒れ果てていて、野良犬がたむろし、布を顔に巻いた人たちが歩いている。
    ついて否や、間違ったと思いました。


    インドのタクシーはぼったくることで有名で、フランス人と相乗りすることにしました。

    そして彼が持っていたガイドブックに掲載されたホテルに行くことにしました。
    1泊150円です。

    そのホテルに着いたのが11時頃。
    相乗りしていたフランス人が到着後すぐに水を買って戻ってきて、
    私もしばらくして水が欲しくなりました。

    でも実はそれが運の尽きでした。

    ホテルを出ようとすると、門がすでに閉まっており、ホテルマンと交渉することに。
    私「I want to buy water.」
    ホテルマン「Go.」

    でもそこはやはり、北斗の拳の世界でした。

    閉まり始める門・・・・
    異臭を放つ街・・・・
    そして取り残される私・・・・

    とりあえずここは勇気を胸に秘めて前進することに。

    ホテルの位置を確認しながら前進していくと、
    道端でたむろしてるインド人を見つけてしまいました。


    私が気づかないふりをしていても、完全に私に気づいているインド人。


    声をかけてくるインド人・・・・


    聞こえないふりをする私・・・・

    ・・・・

    ・・・・隣に寄り添っているインド人


    「何でやねん。」と思わず関西弁の私。

    とりあえずそのインド人をあしらって、道路の端まで行くと
    曲がらざるをえないことに。

    ここまで一軒も店は開いていませんでした。


    ここを曲がると、ホテルが見えなくなりますが、恐怖心を抱きながら左折することに・・・・

    そこにはなぜか馬車がいました。そして野良犬も・・・・


    わけがわからなくなり、
    「もう水はいい。俺はここまでよく頑張った。」と思い、ホテルに戻ることにしました。

    そしてホテルの従業員に門を開けてくれと頼むと、

    その従業員は
    「お前は水を買うと言って出ていったのに、水を買ってないじゃないかっ!
    もう一回買いにいけ!」と言い出しました。


    「えっ・・・・。買えんかったらあかんの!?」

    そしてそのとき、ホテルの門の側で寝ていたおじさんを従業員が呼び、
    「この人と一緒に買いに行ってこいっ」と。
    とまどいました。

    そして戸惑っていたら、左手に嫌なぬくもりがありました。

    おじさんは笑顔で私を北斗の拳の世界に誘おうとしました。

    もう全てのことを考えることをあきらめました。なされるがままに・・・・

    そうすればしばらく歩いて、おじさんがいきなりシャッターをたたきはじめました。


    それで、店の人をたたき起こして、「水をくれ。」と。
    店員は嫌そうな顔をしながら、水を売ってくれました。
    水を買い終わると、また仲良く(?)手をつないでホテル帰るおじさんと私。

    意外におじさんはいい人でした。

    ホテルの門につくと、おじさんが笑顔でこういいました。
    「俺はもう寝るよ。北海道に住んでいるんだ。アハハハハ。」

    北海道に住んでいるというのは、ホテルが本州で離れているから、自分が住んでいるところは少し離れているという例えでした。

    そういって道端で毛布をかぶって、寝る姿勢に入りました。

    幸せってなんだろうと・・・・

    それがインド1日目の夜でした。

    リーダーシップとメンバーシップ

    こんにちは!


    豊村倫代です顔4


    バリボーは今日も盛り上がってますねキラキラ


    今日はインターンを通して感じたメンバーシップについて書こうと思います。


    リーダーシップが大事というのは、みなさんもよく耳にすると思います。

    リーダーに求められることは、プロジェクトの目的を達成させること、メンバーのモチベーションを管理すること。大きくはこの2つなのかと思います。



    じゃあ、メンバーシップはどぉですか?

    あまり聞かないことかもしれないですが、私はメンバーシップはリーダーシップと同じくらい大事だと思います。

    リーダーが何を目指しているのか、プロジェクト・組織の目的を理解する。

    リーダーに言われたことを、きっちりこなしていくだけがいいメンバーじゃない。

    リーダーも人間。完璧ではない。方向性がズレてきたら、ストップをかける。プロジェクトが、組織が、よりいい方向へ向くように自分自身も考えて動く。

    そのためにはやっぱり、リーダーが何を目指しているのかを理解しないといけない。

    リーダーを支えるって、私はこういうことだと思います。


    例えばお仕事で、「ここってなんか微妙」と思う。

    それをただ言うのは簡単。でも言ってるだけでは何も変わらない。

    じゃあ、どぉすればよいのか?を考えて提案までもっていく。


    これこそが自分に求められていることで、自分にできてなかったことなんじゃないかと思うような出来事があったのです。

    主体的なメンバー、主体的な人間になって、お客様を、会社を、そして自分を満足させられるような仕事をします。


    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

    一年前、大学一回生の11月24日、私は虚無感の中、リーダーとしてアイセックの海外インターンのプロモーションイベントを終了しました。


    今、私はJAEのインターンシップフェアのビラ配りのお手伝いをさせていただいています。

    一年前の私に足りなかったのは、スキルなんかじゃない。

    絶対に目的を達成させたい、という想いの欠如。

    インターンに対する魅力を感じてなかった。


    でも、今は違うなぁ。

    プロシーズで得てる変化・成長、それを人に伝えたいという想い。

    私にできる限りのことをしよう!と思わせてくれるフェアスタッフさんの存在。

    成長を応援してくれるJAEのみなさん。

    私の好きな場所。


    自分の成長がいろんなところで感じれて、毎日がとっても楽しいですハート

    愛し続けて18年

    昨日はテーマを無視して、イベント告知をしちゃった。。
    どうも、昨日に引き続き浮田です。



    今週のテーマは「私のこだわり」です。
    JAEいち、こだわり屋さんの私にこのテーマは私のためのテーマのようです。
    皆さん、今回はすごーく趣味の世界だけど
    最後まで読んでね?読んでくれるよね???



    私が愛してやまないもの。
    それは…



    カフェオーレです


    なんで、あんなにおいしいのか…


    初めてあいつに出会ったのは…たしか2歳のころでした。
    私は友達と遊ぶより、お母さん達の井戸端会議に参加するのが好きでした。
    なぜなら、お母さん達が飲んでいるコーヒーをこっそり飲むことが出来たから!



    小さい子はコーヒーはあんまり飲んじゃいけないそうですね。

    生後2歳から、ほぼ毎日欠かさず飲んでいます。
    だからか、今では記憶力の悪さから、物分りの悪さ…
    これってコーヒーのせい???笑


    私の体は、約70%はカフェオーレで出来ていると思います。
    (血はかろうじで赤いですが…汗)



    ではそんなコーヒー人間が、とっておきのコーヒーをご紹介しましょう★

    まずは…

    JAEと言えば、私はこのコーヒーを飲んでいるイメージしかないそうです。。。


    10037717706_s.jpg



    白バラコーヒー!
    なんとも絶妙な甘さ!!!



    これ、天才的ですね。。

    セブンイレブンしか売っていません。
    ナイス、セブンイレブン!!
    コンビにの!!!!


    続きまして近くにセブンイレブンがない学校では、こんな代物を見つけてしまいました。

    10037717995_s.jpg




    淡路島コーヒー!
    名前からおいしそう!!


    カフェオーレが甘いだけじゃないところを見せ付けられました。。。
    恐れ入ります。
    後味、ほろニガです。

    みなさん、おすすめなコーヒーはありますか?
    こんなコーヒー馬鹿におすすめてください★

    ツアープランニング力講座

    皆さん★

    こんにちは♪

    一週間ぶりですが、皆さん元気でしたか?

    私は最近、足の裏が痛くてまともに歩けません。

    つま先で歩いて、なんだか鳥の気持ちがなんとなく分かってきた今日この頃です。



    そうそう、今日はこのブログファンの皆様に

    特・別・に・スペシャルなお知らせをしたいとおもいます。みなさん拍手ー★☆★



    観光業界に興味ある人

    またプランニングに興味がある人はいませんか?



    今回はそんなひとのために12月1日(土)に、こんなイベントを用意しちゃいましーたー

    → http://www.090.jp/0661003242/?p=0111

       (携帯サイトです)



    そんなあなたなら、こんなテーマを与えれたらどうしますか???



    想像してみてください。。
    あなたは、親戚の夫婦が大阪に遊びに来た際に 大阪の観光を頼まれました。

    親戚の夫婦は長い間東京に住んでおり、 関西に訪れたことがありません。
    そんな親戚夫婦にあなたならどこへ案内しますか?

    やっぱりUSJ?それともアメ村??

    でも東京にはディズニーランドや たくさんのショッピング街があります。

    しかし、反対に東京は、大阪のように”大阪のおばちゃん”といわれるようなその都市のカラーってありませんよね?

    ではその親戚夫婦に本当の「大阪らしさ」を 伝えるためにはあなたならどこに案内しますか?




    今回は、一人で考えるのではなくワークショップ形式なのです

    コミュニケーション力が付けたい方、ひっっっっっっっっっっっけーーーーーんです



    さらにさらに!!自分のプランニング案を特別にプロに採点していただけます




    そんな注目の講師はこの方




    小田切 聡 氏 株式会社道頓堀スタジオジャパン(DSJ)取締役

    古い町並みが残る大阪・上町台地でのレンタサイクル事業を起点に、
    大阪の魅力発掘・観光集客事業を展開。
    道頓堀川の観光遊覧船「とんぼりリバークルーズ」や
    「まち歩きツアー」など、大手旅行代理店とのタイアップによる
    ツアー企画も仕掛けている。

    ★小田切氏が企画するツアー
    http://www.hotwire.co.jp/dsj/index.html
    ★ツアーオブザイヤーを受賞した企画はこちら!
    http://www.ana.co.jp/travel/dom_pkg/07b/skyholiday/kando/kansai.html




    すごいぞすごいぞ



    ちなみに、こんなスケジューリングになっております



    ・15:00~お題発表&チーム分け(3人チーム×5組程度)
    ・15:25~ツアープランニング
    ・16:25~プレゼン(各チーム3分間)
    ・16:50フィードバック


    日時は12月1日(土)15:00~18:00

    場所はNPO法人JAE 会議室(新大阪駅徒歩7分)

    http://www.jaee.org/jaee/access.htm
    参加費は無料ですので、気軽にお越しください♪



    申し込みは以下のフォームへ

    https://sv04.wadax.ne.jp/~jaee-org/ships/application/index.cgi



    携帯サイトの方は、こちらから

    http://www.090.jp/0661003242/?p=0111




    質問等、何かございましたら気軽にお問い合わせください

    → ukita@jaee.org

    ゴミを拾えない人は人の心を癒せない

    こんにちは!


    豊村倫代ですエルモ

    めっきり寒くなって、今現在、タイツ2枚重ねのジャージ2枚重ねという、なんとも痛い出で立ちです。


    昨日はプロシーズで2週間前までインターンをされていた方の成果報告会がありましたー!


    その中でおっしゃっていた、インターンで一番印象的だった言葉が


    タイトルの『ゴミを拾えない人は人の心を癒せない』でした。


    これはプロシーズの社長さんのお言葉なのですが、

    みなさんは、この言葉がどういう意味だと思いますか?



    私は正直、あんまり深くこのことを考えたことがなかったので、

    社長さんに「お前はどういう意味やと思う?」って聞かれたときに、

    答えることができませんでした。


    そこで、他のスタッフの方が答えてらしたのは、以下のような内容でした。


    多くの人は、落ちているゴミに気が付かない。

    たとえ、気が付いても、“拾う”というアクションがなければ、何も変わらない。

    ゴミを拾うとう一見簡単そうなことでも、難しかったりするんですね。


    ゴミに気付いてあげることが出来ない人が、身の周りで傷ついている人に気付いてあげることはやっぱり難しいですね。

    小さなゴミが溜まっていくように、人間関係も徐々に綻びが生じてくる。

    そこに気付いて、さらにアクションを起こすことが大事。

    そのためには、普段から意識して、まずはゴミに気付いてあげることから始めよう。


    こういう風に考えると、ゴミ拾いが楽しくなりますよー!!

    私も今日、早速散らかっている部屋を掃除しました波平


    気付く、アクションを起こす。


    一緒に頑張りましょう!

    ◆西日本チャレンジインターンシップフェア

    半期に一度の大イベントです!ぜひ!

    <<申込締切 11/20まで!?>>
    ★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆★
              

      ~もっと充実した生活を!もっと素敵なジブンになる!~

    ◆◆一泊二日西日本チャレンジインターンシップフェア◆◆

        http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm

    ☆★──────────────────────★☆

       経済産業省後援・NPO法人JAE主催

    ★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★

    「大学生活もっと充実させたい」と思ったことはありませんか?

    その気持ちがあれば、あなたは充実した生活を送れて
    もっと素敵になることができる。
    新たな一歩を踏み出している証拠です。

    さぁ。あとは次のステップに踏み出すだけ!!

    西日本チャレンジインターンシップフェアに参加して、もっと素敵なジブンになろぅ。


    ♪♪♪プログラム目玉♪♪♪

    1:急成長する会社のすごい社長パネルディスカッション

     これからの大学生活・人生のヒントが満載!
     

    2:成功する会社のすごい社長とビュッフェ

     普通に大学生活過ごしてたら、社長と一緒に
     ご飯を食べる機会なんてありません!

     百戦錬磨の社長に人生の"いろは"を聞き出してみませんか。

    3:あなたを変える企業10社との出会い

     学生だから任されるプロジェクトがある!

    たとえば・・・

    【「成果を創り出す力」を手に入れる!成功へ導く成果主義戦略とは?】

    などなど、いろんなプロジェクトを当日紹介いたします!


    ●日時・場所──────────────────── 


    ・日程:2007年12月8日(土)13:00 ~
    12月9日(日)15:00

    ・場所:長居陸上競技場内 大阪市立長居ユースホステル
        [ユースホステルのHP]  http://www.nagaiyh.com/


    ● 詳細はこちら! ●

    西日本チャレンジインターンシップフェア特設HP
    http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm

    常識を疑う大人

    こんにちは!

    豊村倫代です!

    今日は、プロシーズの社長さんに言っていただいた、すごく嬉しかったことについて書こうと思います。

    私のインターン先のプロシーズでは、毎日夜にグループミーテ
    ィングなるものが行われています。

    グループミーティングでは
    ・グッド&ニューのコーナー
    これは24時間以内にあった、良かったこと嬉しかったことを
    みんなに発表するコーナーです。
    ・業務内容やオフィス生活の改善コーナー
    普段からみんなの問題意識を高めるために取り入れられている
    コーナーです。
    ・情報発信のコーナー
    毎日新聞を読むのを習慣づけるためのコーナーです。
    ・職場の教養
    毎日1ページの短い文章を読んで、それについて意見を言うこ
    とによって、倫理感を高めています。

    などなど
    こんなことをしていて、自分の意見を言える場があるんですね


    ある日のこと。情報発信のコーナ-で教育が話題にあがってい
    ました。
    私はここであるエピソードを紹介したのです。
    そのとき、私は場の雰囲気からも問題ないと無意識的に判断し
    て、「お父さん」という言葉を使いました。

    すると、即座にスタッフの方に「父!」と指摘されました。
    一瞬ぽかーんとしてして、考え込んでしまいました。

    何故“父”じゃないといけないの?
    会社だから?
    そう決まっているから?
    お父さんの“さん”は身内への敬意を表すことになるから?

    その日の日報にこういう内容のことを書きました。

    正直、これを読んでいる方は「こいつ馬鹿だなー」なんて思う
    かもしれませんね。
    でも、一度みなさんも考えてみてください。
    何故ですか?

    私は、次出社したときには、こんな疑問も、腑に落ちない感じ
    もすっかり忘れていました。
    そして、そろそろ帰ろうというときに、社長さんに「ちょっと
    こっちきぃー」てな感じで呼び止められました。
    呼ばれるままに社長さんについていき、そこで言われたのは次
    のようなことでした。

    『お前、なんかキレとったんかー。はははー(笑)、それ言わ
    れてどない感じたんや?

    お前、髪の毛染めたらあかんていうのはどう思う?
    遅刻したらあかんていうのは何でやと思う?

    俺はな、大人やからこぉせなあかんとか、常識やからっていう
    考えが一番嫌いやねん。

    常識に雁字搦めにされていくことが大人になるっていうことか


    髪の毛も周りに染めてる人がたくさんおって、みんなそれを気
    に止めてへんのやったら
    別に染めようが何しようが構わんねん。それ自体にいいも悪い
    もないねん。

    お父さんっていうのが悪いとは思わん。俺だって “おとん”
    とか“おかん”とか言うしな(笑)

    でもな、お前がそれ言うて、指摘してきた人がいるってことは
    、その人は違和感感じてたってことやぞ。
    TPOってあるやろ?あれは、自分がよく思われたいからとか、
    自分がやりたいからとか、
    そういうことのためにすることじゃなくて、相手の立場に立っ
    てやることやねん。

    自分に刃を向けなあかん。

    俺は初対面の人に会うときは、必ずネクタイしめてびしっとし
    た格好で行くようにしてるんやな。
    それは相手がどんな人なんかわからんから。もし、ネクタイ締
    めんでも大丈夫そうな人やったら、
    次からは外していくしな。でも、この会社はびしっとした社風
    を持っているんやなって思ったら、次も同じような
    格好でいく。

    世の中には色んな感じ方の人がいるから、不快に思ったりする
    人もおる。
    やから何かするときには、人のことを考えて行動せなあかん。

    若いときにはな、色んな人がいるってことがわからへんから、
    それだけ傷つくことも多い。
    でも、そうやって知っていって、相手のことを思って行動して
    る方が気持ちいいやろ?
    こんな風に世の中を知っていって、行動できるようになるって
    ことが、“大人になる”ってことやぞ。』

    小娘の馬鹿げた疑問に、ここまで真剣に向き合ってくださる大
    人がいることがすごく嬉しかったです。
    私も、自分の考えの枠を越えて、相手のことを考えて行動でき
    る人になりたいと思います。


    人生を変えた検索(2)

    木村です!



    昨日の続きですが・・・

    「地域通貨」に関心を持ち勉強会を立ち上げ、地域社会の問題に関してそれぞれがテーマを持ち寄って議論をしたり、私自身も地域通貨などについて調べて論文を書いたりしていました。



    そんなことをしている1年生がいると聞きつけて、大学のポータルサイトを作る学生団体の代表の方が声をかけてくれて、地域のNPOの集まりがあるから来ないかと誘われました。



    そこには・・学校に行けない子ども達のためのフリースクールをやっているNPOの代表や、障害者の方たちが生き生きと有機農業をされているNPOの代表の方など、社会問題を解決するための「オルタナティブ」な活動をされている方たちがいました。



    今まで「日本に未来はないから、将来は海外に逃亡しよう」と半分本気で考えていた私は、閉塞状況を打開できる方法はあるかもしれない!という希望を感じ、そのような「草の根」の活動に非常に魅力を感じました。



    それから自分自身のアンテナも広がり、「社会起業家」という概念を知り、これを目指そう!と思うようになりました。そういえば今度「社会起業家ビジネスプランコンテスト」『edge』のファイナルプレゼンテーションがあるそうですよ。

    http://blog.canpan.info/edgeweb/archive/109



    皆さんは「社会起業家」ってご存知ですか?



    ★━…‥‥…━…‥‥…☆…‥‥…━…‥‥…━★
    ~~~~未来を創る■人を育む~~~~
    NPO法人日本教育開発協会(JAE)
    長期実践型インターンシップ事業部『アントレターン』
    http://www.jaee.org/

    ◆インターンOB・OGの生の声
    【インターンに興味ある方必見です!】
    インターン経験者であるOB・OGに聞いてみよう♪
    http://ameblo.jp/challengefair/

    ◆西日本チャレンジインターンシップフェア
    【1泊2日のインターンシップフェアイベント】
    学生生活大きく変わる第一歩を踏み出すか?
    mobile⇒ http://www.090.jp/0661003242/?p=0105
      PC⇒ http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm
    ★━…‥‥…━…‥‥…☆…‥‥…━…‥‥…━★   

    人生を変えた「検索」(!?)

    JAEインターンシップコーディネーターのきむ兄です!


    みなさんは、何か気になったことを「ググって」(検索して)調べたりするタイプですか?



    インターンシップセミナー にも「検索してHPを見つけました」という人が多いですが、、
    今回はそんな検索によって私が「NPOオタク」(笑)になったきっかけをお話します。



    私が「NPOオタク」(笑)になったきっかけをお話します。



    私は大学に入る前、「国際政治」を学びたいと思い、アメリカの大学への進学をも考えました。

    しかし国際系の学部ではなく政治学専攻がある学部に進んだので、大学入学当初は日本の国内政治の話ばかりしていることに「視野が狭いな」という違和感を感じました。



    そんな頃国際系の学部の「文化人類学」という授業で、「アメリカのある町で『独自の通貨』を流通させる実験をしている」という話をチラッと聞きました。

    その話がすごく気になったので、ネットで検索を続けた結果「地域通貨」という存在を知りました。
    イサカアワー(きっかけになった地域通貨)
    http://www.tradition-net.co.jp/door/door_esy2000/3tsuka.htm



    ある地域でだけ流通する通貨を自分達で作り、地域内で農産品から犬の散歩などの、通常の貨幣では価値評価されないようなサービスまで、地域内でやりとりすることによって、
    景気変動の影響を和らげたり、コミュニティを再生したりする効果があるもので、日本でも300地域以上に広がりました。



    その「地域通貨」との出会いが私のパラダイム(考え方)を変えました。

    貧困や紛争、環境問題などグローバルな問題は、国際関係の問題だという考えから、
    グローバルな問題も地域レベルの生活が影響しているし、生活に影響してくるのだということに気付きました。



    まずは地域レベルから変えていかないといけない。要は「Think global, Act local」ということですね。



    それから・・・
    地域社会の問題に関心のある友人と、勉強会を立ち上げ、、
    地域のNPOの人たちと出会い、、
    自分の世界が大きく広がっていくことになりました。。




    ★━…‥‥…━…‥‥…☆…‥‥…━…‥‥…━★
    ~~~~未来を創る■人を育む~~~~
    NPO法人日本教育開発協会(JAE)
    長期実践型インターンシップ事業部『アントレターン』
    http://www.jaee.org/

    ◆インターンOB・OGの生の声
    【インターンに興味ある方必見です!】
    インターン経験者であるOB・OGに聞いてみよう♪
    http://ameblo.jp/challengefair/

    ◆西日本チャレンジインターンシップフェア
    【1泊2日のインターンシップフェアイベント】
    学生生活大きく変わる第一歩を踏み出すか?
    mobile⇒ http://www.090.jp/0661003242/?p=0105
      PC⇒ http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm
    ★━…‥‥…━…‥‥…☆…‥‥…━…‥‥…━★   

    人生を変えた一冊(2)

    こんにちは!
    NPO法人JAE松浦です。昨日の続きを書いていきます!


    私は、この本と、この本に影響を受けた父の影響で、
    株を始めることにしました。


    丁度オンライントレードが盛んに言われ始めた頃で、
    未成年だった自分は、保護者のサインをもらって口座を開きました。


    お金もあるわけではなく、お年玉から購入資金を作りました。

    あまり企業のことを知らなかったので、
    日経新聞や本、インターネットでいろんな事を調べましたが、
    この株を買えばいいという、絶対はないようだったので、
    自分が好きな商品を扱っている会社の株を買いました。


    またこれからその時の自分が考える、成長しそうな株を買いました。


    それと同時に、高校では禁止されていたのですが、
    アルバイトを経験しました。

    それは、サービスエリアの皿洗い。

    パートのおばちゃんからがみがみ言われる、
    楽しくない経験でした。


    ほとんどバイト中は会話をすることなく、
    ただ時間をこなすような感覚です。


    だからその分、お客様から「ありがとう」といわれたときは、
    すごくうれしかった!

    その時から、外食をしたときは「ありがとう」というようにしています。
    それがたぶん、アルバイトを通して得た、一番の気づきです。


    それはともかく、あまり楽しくないアルバイトだったのですが、
    給料が出ました。


    高校生の自分には、それなりに自由になれる金額でしたが、
    同じ頃に始めた株がたまたま値上がりして、
    バイト代より資産価値が上がっていました。


    そのときに
    「本で書いてある通りだ!
    ラットレースを抜け出すためことって、いつもと違うアクションから始まるんだ!」

    そう思いました。


    そうです。
    そのきっかけを与えてくれた本は、
    「金持ち父さん貧乏父さん」です。


    私はそんな一冊を、実の父さんからもらいました。

    気付きの築き

    こんにちは!


    プロシーズでインターン中の豊村倫代です!


    今日は、インターンで感じた自分の成長について書きたいと思いますキラキラ


    プロシーズでは、社長さんやスタッフの方がよくおっしゃることに『気付く大切さ』というのがあります。

    最初から大きいことなんてできない。小さいところから徐々に気付き、小さなカイゼンを増やしていく。

    小さなカイゼンがやがては大きな変化になる。


    例えば、とても些細なこと。

    誰かが出社されたときには、ちゃんと挨拶をする。

    日が差し込んできたから、ブラインドを下ろす。

    ゴミが落ちていたら、それを跨がずちゃんと拾う。

    ・・・・・

    ・・・・・


    みなさんも一度考えてみてください!

    どれくらい小さなことに気付けていますかはてな


    私がインターンを始めて一ヶ月くらいはブラインドを下ろすことができませんでした。

    自分が気付く前に誰かが気付いてるのです。

    汚いオフィスの前の道も、何の違和感もなく、「あー眠っ・・」ってな感じで歩いてました。


    そんな私が気付けるようになったきっかけは、朝のゴミ拾いでした。

    毎朝出社したら、10分程、オフィスの前の道を掃除することにしたのです。


    これを続けることで、今まで全く気にならなかったゴミに気付くようになりました。

    掃除の時間だけでなく、普段歩いているときも『今日もたくさん落ちてるわぁー』なんて思う。


    そして、私に『気付く大切さ』を教えてくれた、社長さん、スタッフの方々。


    1週間程前に、社長さんがコーヒーメーカーにカップを置いて、コーヒーが入り終わる前に、打ち合わせのため会議室に入られました。

    きっと社長さんは、もう少ししたらご自分で取りに来られるつもりだったと思いますが、

    私はカップに気付き、それを会議室まで運びました。


    そのとき社長さんに言われた「よぉ気ぃ付いたな」の一言で、自分の中の変化を実感することができましたワラ★

    人生を変えた一冊(1)

    こんにちは!
    NPO法人JAE松浦です。


    今週のテーマは人生を変えた○○です。



    それで改めて考えてみたのですが、
    人生を変えた○○というのは難しいですね!



    一つのことだけが変えたわけではなく、

    色んなきっかけで今があるのだなぁと思います。

    でもそんなことを変えていては何も書けなくなりますので、
    人生を変えていくきっかけを作った、印象的な本を書こうと思います。



    私がその本と出会ったのは、高校生の時でした。


    最初は全然興味を持てず、
    「父親は何でこんな本を読んでいるのだろう・・・」
    と思っていました。


    そんな感じで見ていたので、
    家でその本が置かれているのを見ても、
    自分から手にすることはありませんでした。




    しばらくして、父親がもう一冊、本を買ってきました。

    母親からは「一冊持ってるのに、何でまた買ってきてるん?」
    と半分怒りながら指摘していましたが、



    父親が私に
    「この本を読んだ方がよい」とプレゼントしてくれました。



    最初はあまり興味はなかったのですが、
    わざわざ買い足してまでプレゼントしてくれた本なので、
    私もとりあえず読んでみることにしました。




    そして私は、この本によって人生の捉え方、お金を稼ぐということについて、
    パラダイムシフトを起こしました。


    (つづく)

    “嫌い”に感謝

    初めまして!

    神戸大学国際文化学部2回生、現在ITベンチャーでインターン中の豊村倫代ですきらきら!!


    文章が好きってな話をしていたらJAEのスタッフの方がブログを作ってくださいましたあんぱんまん

    人生初のサプライズ的体験に心踊りました。


    さて、このブログでは、日々の業務やそこで感じたことなどなど、インターンネタ中心で書いていこうと思いますスマイル

    これを読んでくださった方々が少しでも刺激を受けてくださったら言うことなしですね!



    はい、それでは本題の方へ参りたいと思います!

    私は今、インターンを初めて2ヶ月と3日くらいになります。

    今では、実際の業務にがっつり関わらせていただいています◎

    私のメインのお仕事は、eラーニングの教材作りです。


    そんな私も最初の頃は、“トレーニング”と称して、ひたすらHTMLやHP作成ソフトのお勉強をしていました。

    パソコン音痴、IT業界にさしたる興味のない私には、この勉強は骨の折れるものでした。

    そして、悲しいかな、このとき使っていた本が、びっくりするくらい面白くなくわかりにくいものだったのです。

    でも、これをクリアしないと次には進めないと思い、わからないなりに必死に勉強しました。

    睡魔に襲われながら、辛さを感じながら、ようやくのことで終了させました。

    とまぁ、私はこんなトレーニング期間を過ごしていました。


    しかし、今となっては、私はこの本にかなり感謝してます。


    というのも、この本があったからこそ、『教材の良し悪しが学習者のモチベーションを左右する』ことや『よい教材を作らないとお金を出して製品を買っていただいている学習者の方に失礼』というような、お客様のことを意識してお仕事に取り組むという基本中の基本の考え方ができるようになったからです。


    嫌いなものでも選り好みせずに取り組めば、そこには何かしらの成長機会が隠れているんじゃないかなと思います。


    明日も一日頑張ろう!

    毎日が冒険

    スゴハショスンニダ~
    昨日に引き続き浮田でし。

    人生を変えた○○
    ほんと難しい~!このテーマ。。

    逆に皆さんから募集したいくらいです。


    うーん、じゃぁ本が大嫌いな私が最後まで読み切った本をご紹介!

    それは『毎日が冒険』
    (今携帯から打っているので画像や詳細はまた後で…ごめんなさい。。)

    漫画みたいで凄く読みやすいですよ!
    そして読み終わった後、「よーし!やってやる!」
    と、何だかパワーが沸いてきます。

    今でも何回か読み返したりして。


    皆さんもオススメの本ってありますか?

    人生変えた、あの人の出会い

    こ~~~~んにちは!
    最近、とっても寒いですが、風邪など引いていませんか?


    どうも、こんにちは。また私の番が回ってきましたね。浮田です。


    今週のテーマは「人生変えた○○」です。
    何か書こうか、すっっっごく考えたんですが(うっかり授業中にまで考えてしまいました。)


    唐突ですが、私すっごくハマり症なんです。


    2歳から飲み始めたコーヒーはいまだに毎日欠かさずのみ続けているし。
    最近ではおからクッキーなるものにはまり、3食おからクッキーな生活。


    その中でも最大にハマったのが
    あるバンドとの出会いでした


    普段見ることの滅多にない、深夜の音楽番組。
    流れてきた音楽に、私は一気に心奪われてしまいました。


    何なんだ…このバンドは……

    その名は…

    BEAT CRUSADERS(ビートクルセイダース)

    10036934563_s.jpg


    知ってます?知ってますね?もちろんね(笑)



    それまで音楽なんか全く興味のなかった私。

    その瞬間から、毎日が音楽漬けな生活が始まりました。



    2年間で購入したCDの数、100枚以上。

    少しでもお近づきになりたくて、足しげくライブハウスに通う日々。

    小さくても載っていれば、取り寄せても手に入れた雑誌。



    寝ても覚めても、いとしのBEAT CRUSADERSのことがかりでした。



    あまりにも好きなので、高校を卒業し、

    自由にバイトができるようになると、迷わず某CDショップにバイトすることを決めました。



    だけど、そこで色んな事を学びました。



    働くということがいかに難しいか。

    自分の労力が対価として支払われることへの責任。

    お客さんに喜んでもらうことを第一に考える心配り。



    それでも好きな音楽に囲まれて仕事が出来るのは、ほんとうに楽しいと思いました。



    私はそのバイトから、好きなものを仕事にしよう!

    と決めました。




    うきたまい



    ★━…‥‥…━…‥‥…☆…‥‥…━…‥‥…━★
     ~~~~未来を創る■人を育む~~~~
          NPO法人日本教育開発協会(JAE)
      長期実践型インターンシップ事業部『アントレターン』
          URL⇒ http://www.jaee.org/


     ◆インターンOB・OGの生の声
      【インターンに興味ある方必見です!】
        インターン経験者であるOB・OGに聞いてみよう♪
         ⇒ http://ameblo.jp/challengefair/



     ◆西日本チャレンジインターンシップフェア
       【1泊2日のインターンシップフェアイベント】
        学生生活大きく変わる第一歩を踏み出すか?
    mobile⇒ http://www.090.jp/0661003242/?p=0105   PC⇒ http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm

    ★━…‥‥…━…‥‥…☆…‥‥…━…‥‥…━★   







    今の自分を形成した学生時代の経験

    きむ兄です!今日はインターン事業に関わっている理由について、もう少し詳しく過去を語ります。。



    さて、東京生まれ、埼玉育ちの私は、自由な家庭環境で育ち

    都内の高校でバンドに明け暮れ、付属校なのに受験をして、茨城県の大学に進学しました。

    大学で初めて、NPOなど社会をより良くするために地域で活動している人たちに出会い、社会の閉塞感を打ち破れる可能性に魅力を感じました。

    同時に、若者が社会と接する機会の少なさに問題意識を感じ、若者の力を活かしていくことで、もっと可能性は広がるはずだ~と思い、「茨城学生活動支援組織ぐっぴぃ」という学生団体を立ち上げました。


    環境系から福祉系からあらゆる分野の学生団体のネットワークを作り、学生が学校教育にかかわるムーブメントを起こしたり、地域の大きなお祭りのごみ対策を、全て学生でやってしまったり。。

    一人一人の想いを実現する機会を提供するおもしろさ、若者の力を活かして社会にインパクトを与えるおもしろさ、を体感しちゃいました。

    しかしNPOなどがいくらすばらしいビジョンを実現するためにあくせくがんばっていても、現実にお金が回らずに
    安定して活動ができないという課題に直面しました。


    そこで、経営を学ぶために金融機関に就職しました。ところが配属先はなんとココ大阪!

    てなわけで生粋の関東人が大阪に飛んできたんですねぇ。(一応、大阪は好きなんで希望したんですよ・・)

    JAEを知って接触したのは、ちょうど1年前のことです。

    JAEのことは東京のETIC さんに紹介してもらって知りました。

    会社に勤めながら、社会人コミュニティである「ワークスタイルカフェ」に関わっていました。

    それは、サラリーマンで働いている人でも、今の仕事にやりがいを感じられない人が多いので、社会起業家のようにやりがいを感じてイキイキと働いていける働き方を目指そうという集まりです。

    そして、自分にとってやりがいを持って働ける場、それがJAEだったのです。

    若者の可能性を引き出したい! 社会を変える人材を育てたい! そしてJaeeをソーシャルベンチャーのモデルに そんな想いで飛び出してきました。

    本当の決め手は、代表の山中に「メイドカフェ」で口説かれたからという説も。。(笑)
    (ノリで行っただけですよ~。。汗)



    ★━…‥‥…━…‥‥…☆…‥‥…━…‥‥…━★
     ~~~~未来を創る■人を育む~~~~
          NPO法人日本教育開発協会(JAE)
      長期実践型インターンシップ事業部『アントレターン』
          URL⇒ http://www.jaee.org/


     ◆インターンOB・OGの生の声
      【インターンに興味ある方必見です!】
        インターン経験者であるOB・OGに聞いてみよう♪
         ⇒ http://ameblo.jp/challengefair/



     ◆西日本チャレンジインターンシップフェア
       【1泊2日のインターンシップフェアイベント】
        学生生活大きく変わる第一歩を踏み出すか?
    mobile⇒ http://www.090.jp/0661003242/?p=0105
      PC⇒ http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm

    ★━…‥‥…━…‥‥…☆…‥‥…━…‥‥…━★   


    「社会を変えたい」から

    木村です!

    私がインターンシップ事業に関わっているのは、簡単に言うと「社会を変えたい」からです!

    なんか青臭い感じがしますが、環境問題から自殺問題など社会にはあらゆる問題があって、いっそのこと全部解決してやりたいっ、でも一人じゃ無理だっ、じゃあ新しい社会を創っていける人材を増やてしまえっ、という想いがあるからです。

    私自身学生時代からNPO的な活動に関わり、その後金融機関に勤めて感じたのは、
    社会的な想いを持っている人にはビジネスセンスを、ビジネスに関心がある人には「志」が必要だということです。

    そしてその修行の場として一番いいのが、この実践型インターンシップだと気付き、転職を決めました。


    ────────────────────
    ☆西日本チャレンジインターンシップフェア☆
    12/8(土)-9(日)~半期に一度の大マッチング~
    http://www.jaee.org/ships/fair0712.htm
    ──────────────────── 
    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    NPO法人日本教育開発協会(JAE)
    ~未来を創る ひとを育てる~
    実践型インターンシップ事業部
     木村亮介 kim@jaee.org
    Tel:06-6100-3242

    学生時代に出会ったきっかけ(2)

    こんにちは!
    NPO法人JAE松浦です。



    昨日の続きを書いていきますね!


    私は大学2年生より、


    大学生もしくは大学に入る前の高校生に対して
    意欲的に学ぶ、活動する姿勢を育むような教育機会を提供したい、
    と考え、経営学部から教育を学べる学部に転学しました。


    まずは教育について勉強しようと、色々な授業を受けたり、自分で本を読みあさり、
    教育学の表層部分を学びました。。。



    しかし2ヶ月も経過すると、
    知識を学んでいるだけではすぐに飽き足らなくなりました。。




    そしてそのときにたまたまJAE(ちなみに当時はJaee)で活動する
    先輩と出会うことが出来ました。



    年齢は1つしか変わらないのですが、



    「同年齢の仲間達と夢を育むような塾を経営している」
    と聞き、

    「そんなことをやっている大学生がいるのか!!」
    と思い、一度訪問することにしました。




    そして、代表や他のメンバーと話をさせてもらい、
    ぜひここで活動をしてみたいと思いました。



    そして面接を合格し、大学2年生の夏からJAEに関わるようになりました。



    最初は子ども向けのイベントの企画などをしていましたが、
    2003年の秋頃にJAEが提供していたインターンシップ事業に携わるようになりました。



    私自身、大学生でもあり、1回生の時にインターンを経験し、
    すごく考えが変わるきっかけになったので、
    ぜひやりたいと思っていました。



    そして大学に通いながら、他の学生スタッフとインターンシップ事業を
    始めることになりました。

    アントレターンWebサイトへ
    QRコード
    日々更新していますので携帯でチェックしてください☆下のQRコードからアクセスできます!
    QR
    最近の記事
    最近のコメント
    リンク
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    プロフィール

    JAE大学生事業部&挑戦するアントレターン生たち

    Author:JAE大学生事業部&挑戦するアントレターン生たち
    アントレターンについて

    名言・格言集
    人生が輝き出す名言集


    presented by 地球の名言
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索
    カレンダー
    10 | 2007/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。